中央放射線科は各診療科の医師より依頼された検査、治療のX線検査業務等を診療放射線技師が担当しています。
当科ではCT・MRI・RI・リニアックなど最先端の装置を用いて患者さんの病気の状態、場所の診断、治療等を安全により正確にスピードを早く行えるよう取り組んでいます。
診療放射線技師 23名(臨時職員1名)  
メディカルクラーク 1名 (平成29年4月現在)
   
【各種認定・資格等】
 ・第1種放射線取扱主任者
 ・第1種作業環境測定士
 ・放射線治療品質管理士
 ・放射線治療専門放射線技師
 ・マンモグラフィ撮影認定技師
 ・救急撮影認定技師
 ・X線CT撮影認定技師
 ・医用画像情報精度管理士
 ・放射線管理士
 ・放射線機器管理士
 

一般撮影
頭部、胸部、腹部、上肢、下肢などの全身を対象としたX線撮影で当院ではデジタル画像装置を導入しております。
ポータブル撮影
病棟などに移動式の撮影装置を運び体調の悪い患者さんに対して主に胸部、腹部の撮影を行います。
骨密度検査
骨粗しょう症などの予防、対策のためX線を用い利き腕と反対の手首で骨の密度の測定をします。
乳房X線検査(マンモグラフィー)
 乳腺、乳房のX線撮影で乳房を挟みながら圧迫して上下、左右からの方向で撮影します。
透視検査
 X線透視装置を用い、胃、十二指腸、大腸などをバリウムで撮影します。
その他に外科系、尿路系、などの検査もあります。
MRI検査
 強力な磁石と電波を使用し、脳、脊髄などの任意の断面を撮影します。
この装置はX線を用いないので被爆がありません。
CT検査
 X線を使用し全身の断面を撮影します。この装置は1mm以下と細かく撮影することができ、それを基にして3次元画像を作成しより良い診断に役立ちます。
血管造影撮影
 全身の血管にカテーテルという細長い管を通し造影剤を使用し撮影、診断、治療を行います。代表的な疾患として心筋梗塞、下肢動脈塞栓などがあります。
核医学検査
 放射性医薬品を投与し、ガンマカメラを用いて血流量・心筋など体内動態測定するSPECT(スペクト)検査を始め、様々な体内臓器の病態を測定します。検査の種類によっては、当日終了するものから、数日から数週間にわたり何度か検査を繰り返す事もあります。
放射線治療
 高エネルギーのX線や電子線を使用し、病巣の治療を行います。
 一部事務組合下北医療センター むつ総合病院
 〒035-8601 青森県むつ市小川町一丁目2番8号 TEL0175-22-2111 FAX 0175-22-4439
 TOPページダウンロード採用案内入札・契約個人情報保護方針 | サイトマップ
Copyright© 2008 Mutsu General Hospital. All rights resaerved.