当院は平成28年4月1日よりDPC対象病院となりました。
詳細はこちらをご覧ください。

【ご入院の皆様へ】
 ご家族、お友達の方々と離れて入院生活を送られることになりますが、快適な療養生活を送られ、一日も早く退院できますよう入院に当たってのご案内をいたします。

「入院される方へ」(PDF)
ダウンロード

●入院当日は、入院される科の外来へおいでください。外来看護師がご説明いたします
●入院されるときは次のものをご用意下さい。

診察券
健康保険証、高齢受給者証、公費負担医療、限度額適用認定証、入院時食事療養費減額認定証やその他医療費の助成を受けることができる受給者証等
入院証(必要事項を記入し、押印をしてください)
※ 入院証は、入院受付(東診療棟1階窓口)に提出してください。なお、保証人は、別世帯の成年者で独立の生計を営んでいる方にお願いいたします。

入院中(入退院日を含む)は、他の医療機関を受診したり、お薬をもらったりすることが原則できません。必要なお薬は、当院で処方しますので、現在服薬中のお薬がありましたら、そのお薬と説明書やお薬手帳等を持参してください。
入院中は、下記のような日用品等が必要です。
日頃お使いのものをお持ちください。
洗面用品・・・洗面器、歯ブラシ、石鹸、ひげそり、くし、シャンプー、タオルなど
食事の時にお使いになるもの・・・はし、湯飲み、スプーンなど
その他日用品・・ティッシュペーパー、下着、スリッパ、テレビ用イヤホン等
床頭台に鍵のかかる物入れがありますが、大勢の人が出入りいたしますので、金銭、貴重品は出来るだけ持ち込まないようにし、盗難や紛失のないよう十分ご注意ください。
入院するときや退院するときに、手荷物をお預りしたり、病棟へ運ぶお手伝いをします。
入院案内(救急外来受付)または受診科(病棟)看護師までお申し出ください。
ハサミ、ナイフ、爪きり、カミソリ等の刃物類は、安全面から持ち込みをご遠慮いただいております。これらを使用したい場合は、病棟に用意してありますので、看護師にお申し出ください。
朝食は午前7時40分頃、昼食は午後0時頃、夕食は午後6時頃となっております。
食事は、すべて病院で用意します。治療食の患者は、許可されたもの以外は食べないで下さい。また、食中毒防止のため、食べ物の持ち込みはご遠慮ください
病室は6人室(室料差額なし)が標準です。テレビ・冷蔵庫(有料)、物入れを備え付けています。
患者の病状により、転室、転棟をお願いすることがありますので、あらかじめご了承ください。
特別室、個室を用意しています。希望される方は、お申し出ください。
差額室料は、1,250円~10,800円(消費税込み)となります。詳しくは、お問合せください。
入院基本料並びに差額室料等は、1日当たりの料金となっており、「0時~24時」までの間の何時に入退院しても1日分の料金となりますので、あらかじめご了承ください。
寝具は、当院で用意しておりますが、バスタオル、タオルケットは、各自でご用意ください。
病衣(寝巻)は、ご自分のものを持参し、使用する事ができます。当院のものをご使用する場合は、病衣使用料として、1日につき 75 円(分娩の場合は 70 円)を負担していただきます。
看護師が1日3交替で看護に当たっています。
看護師にご用の時は、ナースコールをお使いください。
付添いは、原則として必要ありません。ただし、病状その他の事情で家族の付添いを希望される場合は、看護師にご相談ください。
許可された方以外は、病室に泊まることはできません。
当院では、入院時の検査として感染症検査(HBV・HCV・HIVなど)を、実施させていただいておりますのでご理解をお願いします。
当院では入院中の治療や看護について、患者または家族に対し「入院治療計画書」・「退院治療計画書」等、文書による説明を行なっております。ご不明な点は病棟師長にお尋ねください。
洗面所の利用時間は、午前6時から午後9時までとなっております。
消灯は、午後9時となっております。
入浴や外出、外泊をしたい時は看護師に申し出て、主治医の許可を得てください。
テレビやラジオ等をご利用される場合は、イヤホン(売店でも販売しております。)を使用してください。
当院では、治療に係る安全確保のため、病室入り口及び病室内に氏名を掲示しております。掲示を希望されない方は、あらかじめお申し出ください。
当院では、健康増進法に基づき受動喫煙の徹底防止をはかるため、敷地内全面禁煙とさせていただいております。タバコを持参した方は、退院までお預かりすることにしています。当院のルールですのでお守りください。
売店(1階)では、日用雑貨、下着類等を販売しております。また、理髪店、コインランドリー・乾燥機(8階)、食堂(東棟2階)等もありますので、ご利用ください。
火災、地震等の非常事態が発生した場合は、医師や看護師の指示・誘導に必ず従ってください。また、入院時には必ず非常口の位置を確認しておきますようお願いします。

患者さんの安静のため、面会時間を次のように定めております。
15才以下の方は、感染予防の観点から面会をご遠慮願います。
嘔吐、下痢、発熱、風邪症状のある方は、面会をご遠慮願います。
面会は、できるだけデイルーム、談話コーナーをご利用くださるようお願いします。 その他詳しくは看護師等にご確認ください。
患者さんの病状や感染防止対策のため予告なく面会を制限する場合もありますので、ご協力くださるようお願いします。
全ての病棟 13:00 ~ 20:00
妊産婦とそのご家族の皆様へ
 当院では母乳育児推進のために母児同室となっています。
産後は、日中の休息が必要となり、母児の安全性とプライバシー保護の観点からも、面会を以下のように制限させていただいております。

① 面会は原則ご主人様・パートナーの方のみとします。
② 病室内での面会はできません。ディルームでの面会となります。
 なお、赤ちゃんとの面会は分娩室前でのみとなります。
③ ご両親様は分娩直後1回のみの面会とします。
④ 面会は13:00~20:00の間、1日1回30分以内とさせていただきます。
⑤ 15才以下の方は、感染予防の観点から面会をご遠慮願います。
⑥ 嘔吐、下痢、発熱、風邪症状のある方は、面会をご遠慮願います。
⑦ 病棟に入る際は、マスクの着用と手指消毒をお願いします。

医療費は、健康保険法その他の医療制度の規定に基づき算定します。分娩料、室料(個室)、文書料等保険適用外のものは、当院の規定料金を負担していただきます。
入院中の会計は、毎月月末で締め切り、翌月 10日前後に、患者さん又はご家族に請求書をお渡しします。(休日の関係で変更になる場合があります)
退院当日は、請求書が出来しだい、病棟へお届けいたします。退院の際は、入院費が精算されたことを確認してから、退院していただきます。
請求書をお受け取り後、会計窓口(東診療棟1階窓口)でお支払いください。休日の場合は、救急外来受付でお支払ができます。また、自動精算機もご利用いただけます。
取扱時間 月曜日~金曜日
(会計窓口・精算機)
8:30 ~ 17:00
・祝日
(救急外来受付・精算機)
8:30 ~ 17:00
領収書は、大切に保管してください。再発行する場合は、手数料がかかります。
医療費の一部負担金が自己負担限度額までの支払いで済みますので、各健康保険者から「限度額適用認定証」の交付を受けて提出してください。支払いに関しては、医事課収納係にご相談ください。
公費負担制度(障害者総合支援法による更正医療や育成医療、母子保健法による養育医療、肝炎医療費助成制度等)の申請などを希望される方は、地域連携部医療相談室にご相談ください。
退院日に検査等を行ったときは、退院後に請求することもありますので、ご了承ください。
院内には、青森銀行、みちのく銀行、東北労働金庫の ATM(現金自動支払機)を設置しております。
主治医の許可を得て付添いをする方については、定期駐車券を発行しておりますのでご利用ください。
入院に係る生命保険の診断書や証明書等が必要な方は、入院中の場合は、病棟の看護師に、退院後は、入院受付(東棟1階窓口)にお申し出下さい。
入院中の生活についての苦情や医療安全に関する相談、がん患者さん等で退院後の通院や生活に不安をお持ちの方は、医療相談室や医療連携室(東棟1階)まで、お気軽にお尋ねください。
入院中及び退院時の職員へのお心付け等は、一切お受けしない事といたしておりますので、皆さまのご協力をお願いいたします。
その他ご不明の点がありましたら、看護師や事務職員等にお気軽にお尋ねください。

 一部事務組合下北医療センター むつ総合病院
 〒035-8601 青森県むつ市小川町一丁目2番8号 TEL0175-22-2111 FAX 0175-22-4439
 TOPページダウンロード採用案内入札・契約個人情報保護方針 | サイトマップ
Copyright© 2008 Mutsu General Hospital. All rights resaerved.